自動車 下取り 買い取り 違い

自動車の下取りと買い取りの違い

新しく車を買いかえたい場合や、転勤、または引っ越しなどの際に不要になった車を手放したい、
そういったときには、まず、中古車販売店や中古車買取専門店などで中古車査定を行い、
車を買い取ってもらい、お金に換えることができます。

 

 

新車に買いかえる場合は、その販売店のディーラーに下取りをしてもらい、
新車の購入代金を値引きしてもらうといったことが可能ですが、
中古車販売店、または中古車買取専門店に車を買い取ってもらう場合、
新車の値引きといったカタチではなく、売った車の買取価格がそのまま現金として手に入れることができますので、
ご自身でお金の使い道を選ぶことができます。

 

 

また、その買い取りの対象となる車も、ディーラーに下取りしてもらう場合には、
その販売店で扱っている車のメーカーに合わせる必要がありますが、
中古車販売店、または中古車買取専門店などで買い取ってもらう際には、
メーカーや車種などは問わないので、そういった点で幅広く様々な車に対応してくれます。

 

 

ただし、特定のメーカー専門や特定車専門の中古車買い取り専門店もあるので
もし条件が適合するのであればそうした業者も査定してもらう一つに含めるといいかもしれません。
型式などによっては思わぬ高値がつくことも考えられます。